神奈川・東京・千葉・埼玉の貸し倉庫・貸し工場をお探しなら

℡ 045-595-9518(受付時間:8:00~22:00)
ホーム > コラム一覧 > 貸倉庫で趣味の店を始めよう

貸倉庫で趣味の店を始めよう

フリマのしくみとは

フリマとは「フリーマーケット」の略で、
個人が使っていた不要品を、公園や広場などの会場を使って
格安で販売する催しを言います。
その地域のイベントとして行われる場合や、
個人的な催しとして開催される場合など様々です。
フリマは全国的にも非常に需要のあるイベントであり、
不用品を販売してリサイクルするという観点から見ても
エコロジーに生かされていると好感が持たれています。
大規模なイベントマーケットでは1000店舗を超える場合もあるため、
フリマでお店を開きたいと考える人にとっては
これ以上にないチャンスとも言えます。
不用品を販売することが主な目的であるため、
初期費用もほとんどかからず、気軽に参加できるのも魅力です。

貸倉庫を利用したフリマ

近年では貸倉庫を利用したフリマが急増しています。
貸倉庫と言えば店舗の在庫品などを保管しておく場所という
イメージが定着していますが、
決してそれだけに利用されるのではなく、
現在では貸倉庫を利用したお店作りも話題を呼んでいます。
ゼロから店舗を構えようとして賃貸物件を探すと、
敷金礼金、月々の家賃、そしてリフォーム代金と
様々な出費がかさんでしまいますが、
貸倉庫を利用したお店ならば初期費用も低く抑えられるほか、
場所を選べるので、好条件でお店を始めることができるのです。
また巨大な貸倉庫を利用したフリマのイベントも
近年では注目を集めています。
これは密集している貸店舗の中にいくつかのフリマを出店させて
イベントを開くというものであり、
この方法を活用すれば通行人からも注目を集めることができますし、
期間限定で各地でイベントを開催すれば、
貸倉庫だけを利用したフリマ出店も十分に可能となります。
このように貸倉庫には物を保管する以外にも様々な活用法があり、
理想的なお店を開くことも十分に可能な
スペースを兼ね備えているのです。