神奈川・東京・千葉・埼玉の貸し倉庫・貸し工場をお探しなら

℡ 045-595-9518(受付時間:8:00~22:00)
ホーム > コラム一覧 > 地の利で差がつく賃貸倉庫

地の利で差がつく賃貸倉庫

フットワークの軽さが魅力

賃貸倉庫の利用においては、
移転のしやすさも大きな魅力とされています。
自社所有の倉庫の場合は、使用に制限事項が無く、
社会的信用度を示しやすいといった利点もありますが、
業務の規模や内容などの変化に合わせて移転がしにくく、
改築などにも新たなコスト負担が生じてしまうものです。
賃貸倉庫であれば、状況や要望に応じた物件への移転が容易で、
常に使い勝手の良い業務環境を整えることができます。

業務ストレスを解消

業種によっては、大型トラックなど車両の
搬出入の必要があったり、十分な天井高がほしいなど、
様々な要望があります。
単に手狭だという場合もあれば、
倉庫内・周辺の動線の効率が悪いといった不満も…。
これらを一気に解決するのは、移転が最も望ましい方法です。
賃貸倉庫は、移転が容易であるため、
ミスマッチな業務環境を劇的に改善することはもちろん、
移転作業の業務への支障を最小限に抑え、
スピーディに通常業務を再開させることができます。

地の利の良さでビジネスをリード

社員が常駐するオフィスとして倉庫を利用する場合は、
通勤時の利便性を考慮し、
公共交通機関が利用できるエリアが理想です。
また店舗として利用する場合は、
来店客用の駐車スペースが十分にとれることや、
幹線道路沿いに、といった希望も出てくるでしょう。
賃貸倉庫は、こんなわがままにも可能な限り応える存在です。
近年増えているネット通信販売業界では、
流通の足回りの良いエリアの賃貸倉庫を利用し、
在庫品の保管スペース兼オフィスを構える
といった活用方法も見られます。
賃貸倉庫ならではの身軽さは、無駄のない
“いいとこ取り”の運営を実現します。