神奈川・東京・千葉・埼玉の貸し倉庫・貸し工場をお探しなら

℡ 045-595-9518(受付時間:8:00~22:00)
ホーム > コラム一覧 > コストパフォーマンスに優れた賃貸倉庫

コストパフォーマンスに優れた賃貸倉庫

初期投資が左右するビジネスの未来

賃貸倉庫を利用する場合、最も大きなメリットとして語られるのが、
賃貸倉庫を利用する場合、最も大きなメリットとして語られるのが、
初期投資費用が大幅に抑えられることによる優れたコストパフォーマンスです。

自社で倉庫を新築する場合は、それに伴う建築費その他の初期投資費用が非常に大きく、
将来予測の難しい業種によっては、融資にまつわる問題が後の経営を圧迫したり、
業績の悪化で返済が困難になるといったこともあり得ます。
フットワークの軽さが求められる現在のビジネスの現場において、
賃貸倉庫は状況に応じて借り替えられる形態の物件として、
少ない初期投資で臨機応変な経営を助ける心強い存在です。

≪リース契約で経理事務を省力化≫
景気動向はやや上向きとの傾向が語られ始めた昨今、
倉庫が手狭になり、自社倉庫の新築を考えるケースは増えつつあるようです。

しかし新築の場合の初期投資費用は小さいものではなく、
その後の減価償却が利益を圧迫する事態も考えられます。
これに対し、賃貸倉庫の場合は、既存の倉庫物件をリース契約で使用する形式なので、
初期費用はほぼ不要です。
さらに、事務所用途などのオフィス物件の賃貸と違い、
賃貸倉庫の賃料はリース代として計上できるため、経理上の処理も簡便になります。

≪本業専念へのサポート役として≫
物流業界においては、長年の間に物流拠点が増えたために、
様々なコストがかさんでいるケースが見られます。
その場合は、現状に有利な場所に拠点を集約することで、大幅なコスト削減ができます。

こうした拠点費の見直しは、企業の経営にとって大きな貢献となり、
ビジネス上での体力維持・向上が図れるにとどまらず、
業界全体、社会全体へと貢献の輪を広げることにつながるのです。